SSブログ
前の10件 | -

最強の防風林・防火林 フクギ(おとぎりそう科)方言名:フクヂ、プクギィ [植物]

今日のひとりごと

経営が厳しいときは
原点に戻ろう
不振や危機に陥ったときは、創業時を振り返り、とにかく原点に戻ることです。
最初に商品が売れたときの喜びや感動を思い出し、忘れかけていた創業時の意気込みを呼び覚ます。
そして現場に出て、積極的にお客様とふれあう。きっと新しいアイデアや情熱が湧いてくるはずです。







北部の家々の屋敷垣としてよく利用されています。
雄株と雌株があり、5~6月頃、直径1.5㎝くらいの
黄味を帯びた白い花を咲かせます。

実は8~10月頃熟しフルーツコウモリなどの餌になります。

子供の頃、枝先の2枚の葉を切り取り、片方の葉を半分に
切ってサンダルを作り遊びました。

フクギは成長が遅いのですが、防風林として優れていることや、
家事になったとき火が隣りの家に移るのを防ぐ防風林としても
よく植えられました。

樹皮は織物を黄色に染める染料になります。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

美味しそうだけど毒柿 リュウキュウガキ(かきのき科)方言名:クルボー、ガガ [植物]

今日のひとりごと

繁盛させたければ
お客様の声を聞け
お客様に喜ばれる会社をつくるためには、お客様の生の声に真剣に耳を傾けなければなりません。
愛される会社づくり、すなわち繁盛のヒントは、他の誰からでもなくお客様から直接いただくのです。
不満を一つずつ解消し、謝るべきときは謝り、常に緊張感を忘れず、いい会社に育てていきましょう。




濃い緑色の葉で、幹や枝の樹皮が黒くリュウキュウコクタン
に似ています。

葉は表面につやがあり、実は直径2.5cmくらいの大きさで、
扁平な球形をしています。

シナノウガキ(リュウキュウマメガキ)に比べてやや
大きめの実ができます。

黄色く熟れたリュウキュウガキの実は美味しそうですが、
有毒で食べられません。間違えて食べた人の話によると、
口に入れると燃えるような激しい辛味を覚え、3日ほど
唇が腫れたようです。くれぐれも注意しましょう。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

サンシンの材料 リュウキュウコクタン(かきのき科)方言名:クルチ [植物]

今日のひとりごと

笑顔で表そう
意欲・感謝・協調
前向きに取り組む気持ち、まわりの人に感謝する気持ち、仲間と協力しあう気持ち。
こうした気持ちを表すには、なんといっても輝く笑顔です。まず、笑顔になることから始めましょう。
笑顔には、必ず笑顔が返ってくるはず。笑顔は人生を明るく楽しく前向きにします。







庭木や街路樹として好まれる樹木です。葉は濃い緑色で、幹は黒
っぽい色をしています。

段々に刈り込まれた庭木をよく見かけます。
山に自生している木は、まわりに大きな木が多く、光が当たらない
ためひょろひょろしています。

日頃私たちが庭先で見る姿とかなり違い、同じリュウキュウコクタン
には見えません。

樹皮が黒く材質が緻密なことから、昔からサンシンを
つくる材料に使われてきました。
実は黄色から赤色に熟すと食べられます。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

赤サンゴの実 サンゴジュ(すいかずら科)方言名:ササガー [植物]

今日のひとりごと

軌道に乗ってからが
本当のスタート
創業してから軌道に乗るまでは、ほとんどの経営者が寸暇を惜しんで仕事に没頭します。
ところが、少々余裕ができて周囲から持ち上げられると、油断してよそ見をするようになります。
軌道に乗ってからが本当のスタート。現場を離れることなく、堅実に成長を続けていきましょう。







10月頃ブドウの房のように赤い実を
たくさんつけます。

和名は、つやのある赤い実が「宝石サンゴ」の
玉のようなことから珊瑚樹とついています。

葉は厚めでつやがあります。ショウベンノキの葉と
よく似ていますが、小葉が3枚からなる
3出複葉ではなく、1枚の葉からなる単葉なので
すぐに区別することができます。

昔は葉を石で砕き魚毒(ササ)として
利用したようです。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

華やかな木 オオムラサキシキブ(くまつづら科)方言名:ズリグワーギ、タマグワーギ [植物]

今日のひとりごと

ライバル他社より
お客様
経営者であれ、従業員であれ、同業他社や業界の動向は、常々当然把握しておくべきものです。
しかし、外部の情報ばかりに気をとられ、現場のお客様に目が届いていないようでは本末転倒です。
目の前のお客様から得られる情報のほうが、格段にタイムリーで最適なことを忘れてはなりません。








高さ1.5m~3mくらいになる落葉の低木で、
夏に薄いピンク色の可憐な花をつけます。

葉は丸みをもったひし形で、向かい合ってつき
(対生)、縁はぎざぎざしています。

秋から冬にかけて実をつけ鮮やかな赤紫色に
なります。

方言名のズリグワーギは「華やかな木」の
意味で、昔の人もこの華やかさには目を
見張っていたのでしょう。

熟した実は織物などを染める染料に利用
されます。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長期間花を咲かせる木 チシャノキ(むらさき科)方言名:チサヌチ、ヌクヂリバー [植物]

今日のひとりごと

ニコ・キビ・ハキで
会社は変わる
いつもニコニコと徹底すれば、自分が気持ちよく働けるだけでなく、周囲全てを元気にします。
皆が元気で機敏に動けば、職場の雰囲気も明るくなり、活気みなぎる力強い会社に生まれ変わります。








白くふさふさした花を3~10月頃までの長い
期間咲かせる珍しい木です。

葉の表面はかたい毛があり、ざらざらしています。
6~10月頃にオレンジ色の球形の実をたくさんつけます。

幹はまっすぐ伸び、高さ10mくらいになります。
野山に多く生えています。

木は防風林・街路樹・庭木に適していて、生垣などにも
よく利用されます。
木質はセンダンなどと似て割れにくいことから、下駄などが
作られます。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大きな葉っぱの木 オオバギ(とうだいぐさ科)方言名:チビカタマヤーグサ、クンチャーユーナ

今日のひとりごと

立場の弱い人にこそ
やさしさと感謝を
お金を払いサービスを受ける側に立つと、とたんに横柄になり、感謝の言葉すらかけない人がいます。
たとえ立場が上だとしても、ねぎらいや感謝の意を伝えることをおろそかにしてはなりません。
世の中も持ちつ持たれつ。多くの人たちのおかげで成り立っている存在であることを忘れずに。



とにかく葉が大きいです。大きな葉は直径が
25cmくらいにもなります。

一般の樹木の葉柄は葉の端についていますが、
この木は葉の裏側に付いています。

葉脈もその柄の付いた部分を中心に放射状に
伸びています。

雄株と雌株があり、それぞれ花の形が違います。

虫食いの跡がある葉の裏を探すとナナフシが
よく見つかります。

方言名のチビカタミヤーガサはこの葉で
お尻(チビ)をくっつけてしまう(カタマヤー)
ことから名づけられたようです。


nice!(2)  コメント(0) 

秋の野山を飾る花 フヨウ(あおい科)方言名:フュウ、ヤマユーナ [植物]

今日のひとりごと

挨拶に真心をこめる
挨拶とは、人と人が互いに認めあう行為であり、人間関係の潤滑油ともいうべきものです。
笑顔で、声のトーンを上げ、元気よく挨拶すれば、どんな人にも好印象を与えることができます。
とりわけ経営者は、誰よりも真心のこもった挨拶ができなければなりません。






秋に薄いピンク色の花を咲かせ、
野山を飾ります。ブッソウゲくら
いの大きさで、この花が好きな人
は多いようです。

葉はオオハマボウに似ていますが、
木はそれほど大きくなりません。

方言名もオオハマボウ(ユーナ)
に似ていることから、ヤマユーナ
とついています。

幹はイカ釣り用の擬餌針の
材料に、樹皮は縄の材料に
使われました。


擬餌針・・魚やエビの模型に針をつけたもの。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

浜辺を飾る黄色い花 オオハマボウ(あおい科)方言名:ユーナ、ユナ [植物]

今日のひとりごと

経営は
すべての人のため
経営は誰のために行うのでしょうか。自分と家族のためであり、従業員やその家族、お客様、取引先、
地域の人々など、会社に関わるすべての人々のためではないでしょうか。
そしてあらゆる人々の支えで成り立っている以上、皆で幸せを分ちあうのが経営の本道といえます。








「ゆ~らゆ~ら~ ユーナ ユーナの花は・・・」
で知られるユーナです。

海岸近くに多く見られる常緑の木です。花の咲き始めは
鮮やかなレモン色をしていますが、散る前は
赤っぽいオレンジ色に変化します。

樹皮の繊維が強いことから、昔は縄を作る材料に
利用されました。葉は尻拭きとして使われました。

方言で海岸の植物が生えている場所をユナと
いうのですが、そのユナに生える木という意味
から方言名のユナ、又はユーナと名づけられました。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

触ると大変ミーフッカギー オキナワキョウチクトウ(きょうちくとう科)方言名:ミーフッカギー [植物]

今日のひとりごと

真心の経営
感謝の戦略
経営において、戦略は非常に重要です。しかし、サービス精神をなおざりにして利益のみを追求し、
すべてを費用対効果で冷徹に切り捨てる経営に、どのような社会的意義があるでしょうか。
経営はお客様への真心が基本。戦略というものがあるのなら、ただ感謝の気持ちであるべきです。







鮮やかな緑葉に白い花を咲かせ私たちの目を
楽しませてくれます。海岸近くに多く見られ、
最近では公園でもよく見かける木です。

方言名は樹液が目に入ると腫れることからミー
フッカギーと名づけられています。

和名のミフクラギも同じ意味です。

実の中に繊維質が多く見ずによく浮き、海流に
よって種子が流され散布されます。種子は猛毒
で、昔はそれを砕いて小麦粉と練り合わせ、
毒だんごを作りネズミの駆除に使いました。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -